3ヶ月経過後の相続放棄ー司法書士・格安・低価格・安い

相続放棄手続きは、被相続人が死亡し、「自分のために相続開始があったことを知った時」から3ヶ月以内にしなければなりません(民法915条1項)。
したがって、原則としては、3ヶ月を経過すると相続放棄手続きはできないことになります。

しかし、例外があるのをご存知でしょうか?
結論としては、「自分のために相続開始があったことを知った時」の解釈が重要になって来ます。

最高裁の判例は、相続財産が全く存在しないと信じており、かつ、このように信じたことについて相当な理由がある場合には、3ヶ月の期間は、相続人が相続財産(債務を含む)の全部若しくは一部の存在を認識した時又は通常これを認識すべき時から起算する。
と判示しております。

つまり、借金の存在などを知ることができなくて当然だというケースでは、その借金の存在を知った時が、3ヶ月の期間の起算点ということになります。

よくあるケース 

父母が離婚して、母親と暮らすようになって20年経ったある日、債権者から父親の借金を返済して欲しいと手紙が届いた。
手紙が届いたのは父親が死亡して3年も経っていた。
父親の死亡については親族から聞いて知ってはいたが、20年も音信不通だったことから、財産・債務の有無について知る由もなかった。

このケースでは、手紙が届いた日に借金の存在を知ったので、手紙が届いた日から3か月以内であれば、相続放棄することできます。

裁判所という厳格なお役所に、上記の様な法的な主張をご自身でするのは、非常に不安だと思います。
また、上記の[よくあるケース]と類似していても、専門家から判断すると違ってくる可能性があります。

したがって、まずは、専門家に無料相談してみましょう。

受付時間/9:00~20:00(土日祝祭日も予約可)
 
※メールでのお問合せは、24時間いつでも受付できます。
担当 : 司法書士 川田 光秀(カワダ ミツヒデ)​

無料相談実施中

初回のご相談は無料です

044-431-3181

お気軽にご連絡ください。

ご連絡先はこちら

運営:司法書士KAWADAリーガルオフィス 川崎市中原区丸子通一丁目 636番地 朝日多摩川マンション213号室

044-431-3181

FAX:044-431-3182
Email: kawada-office@khf.biglobe.ne.jp
親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

主な業務地域

■川崎市 中原区、川崎区、幸区、麻生区、多摩区、高津区、宮前区

■横浜市 中区、西区、南区、鶴見区、神奈川区、保土ヶ谷区、戸塚区、泉区、栄区、港南区、瀬谷区、旭区、磯子区、金沢区、青葉区、緑区、都筑区、港北区

■神奈川県(その他) 藤沢市、茅ヶ崎市、鎌倉市、大和市、平塚市、相模原市(中央区、緑区、南区)、小田原市、南足柄市など

■東京都 大田区、品川区、目黒区、渋谷区、新宿区、世田谷区、港区、千代田区、中央区、文京区、台東区、江戸川区、豊島区、杉並区、中野区、墨田区、江東区、葛飾区、足立区、荒川区、板橋区、練馬区など23区全域、町田市など

■千葉県
■埼玉県

携帯からはこちら 

モバイルサイト

QRコードを 読み取って アクセスできます